スポンサーリンク

新しい「アンバサダー・トランジット・ラウンジ」がすごい!プライオリティパスで利用できちゃう@シンガポール・チャンギ国際空港第3ターミナル

シンガポール・チャンギ国際空港には、プライオリティパスを提示するだけで、エコノミークラスの乗客でも利用ができるラウンジが10箇所ほどあります。何れもが空港ラウンジとしてはレベルが高く、搭乗前の待ち時間や乗り継ぎ時間を快適に過ごすのに重宝します。

今回は、そんな中でもトップレベルの快適さを誇る第3ターミナルのアンバサダー・トランジット・ラウンジをご紹介します。実はこのラウンジについては2013年4月に記事を書いているのですが、その後ラウンジの全体的なリニューアルが施され、グレードアップして再オープンを果たしました。一体どんなラウンジになったのでしょうか?

▲レセプションで利用手続きを済ませましょう。プライオリティパスを提示し、確認のサインをするだけです。レセプションは改装前よりも華やいだ雰囲気になりました。明るいパネルが印象的です。

▲手続きを済ませると、利用時間が手書きされたシールを胸につけるようにとの案内がありました。原則として3時間までの利用が可能です。

▲ラウンジの内装は、以前は暖色系でまとめられていたのですが、リニューアル後は寒色系のインテリアが目立ちます。クールな雰囲気に生まれ変わりました。

▲もちろんパソコン席もあります。この一角はどことなくオフィスっぽいですね。

▲ダイニングエリアもあります。改装前に比べると、座席数が増えた印象を受けます。以前はだいぶスカスカだったのに。

▲さて、大幅な改善が見られたのが、ビュッフェコーナーです。新鮮な野菜が取り揃えられたサラダバーが増設されていました。ここまで充実たサラダバーのある空港ラウンジってなかなかありません。旅の最中のビタミン補給にはうってつけですね。

▲もちろんホットミールも豊富です。ピラフに野菜炒め、牛肉の煮込みなどがあり、何れも美味しくて。

▲リンゴやマンゴープリンに牛乳などもあります。他にもソフトドリンクやアルコールもそろっていました。

▲改装によって新しく備え付けられたのが、このオープンキッチンです。こちらでは、数種類の簡単なメニューが用意されており、その場でさっと作ってくれるのです!今回はヌードルを所望いたしました。

▲ビュッフェの食事だけでも結構ボリュームが有りますね。簡単にお腹いっぱいになってしまいます。どれも美味しい!

▲さて、フライト前にシャワーを利用しました。シャワー室も以前のものに比べるとだいぶ明るい雰囲気になりました。

▲シャワーブースは全面白のパネルで覆われていましたが、ゴミ一つ無く大変清潔でした。シャワーの利用ごとにスタッフが清掃してくれているので、常に快適に利用できるのですね。サービスレベルが高いので、安心できます。

Ambassador Transit Lounge @第3ターミナル
場所:第3ターミナル3階
営業時間:24時間