スポンサーリンク

【空港野宿】上海浦東国際空港で寝る!夜明かし・仮眠に使えるオススメのベンチの場所は第1ターミナル1階?!

上海浦東国際空港に着いたのは、深夜1時過ぎ。こんな時間にはほとんど公共交通機関は動いていません。そこでやむなく空港で夜明かしをしてみました。大きい空港ながら、仮眠に適した場所は意外と少ないので、良い場所を探しながら彷徨う羽目になりました。結果的にはいい場所をゲットできたので、おすすめスポットをご紹介します。

▲今回は深夜の第2ターミナルに到着しました。まずは、第2ターミナル到着ロビーのベンチからチェックしましょう。深夜にもかかわらず、結構人がいますね。

▲ただ、ベンチは2席ごとに肘掛けがあるので、ここで寝るのは難しそうです。

▲ベンチで寝るのを諦め、植木の縁のコンクリートの上で寝ている猛者もいました。確かにおもいっきり体を伸ばせるのですが、背中が痛くなりやしませんかねぇ。

▲2階到着ロビーを諦め、3階の出発ロビーをチェックしましょう。深夜ですので、ほとんど人がおらずだだっ広いですね。

▲ただ、ベンチには夜明かしをする人が結構いました。こちらのベンチも肘掛けがあるので、寝るのには不向きです。諦めましょう。

▲そこで、1階まで降りてみました。1階は物置のようになっていて、金属製のベンチがずらっと置かれていました。その中には肘掛けのないものもありましたが、金属製ということで使っている人は皆無でした。この階は全く人がいなかったので、危険かもしれません。

▲第2ターミナルを諦め、連絡通路を500mほど歩いて、第1ターミナルの出発ロビーに来てみました。こちらは肘掛けがないベンチが設置されていて、横になっている人が多く見られました。

▲しかし、一部には、肘掛けが1席ごとに設けられているというドSなベンチもありました。もちろんこのベンチを使っている人はいません(笑)。

▲出発ロビーの良さそうなベンチは既に先客がたくさんいたので諦め、1階の到着ロビーに下りてみました。

▲おおっ!このエリアはほとんど人がいません!エスカレーターの影にあるためあまり目立たないんですね。ベンチには肘掛けがなくのびのびと出来ますし、ほとんど騒音もなく快適です。ここにしましょう!

▲第1ターミナルの到着ロビーには、24時間営業のファミリーマートもあるので、小腹がすいた時などは何かと便利ですね。オススメ。

【上海浦東国際空港の仮眠エリアまとめ】
第1ターミナル出発ロビー:ベンチ良し。ただし使えるベンチは少なめ。
第1ターミナル到着ロビー:ベンチ良し。エスカレーターの下のエリアがベスト。ファミリーマートもある。
第2ターミナル出発ロビー:ベンチ悪し。おすすめしない。
第2ターミナル到着ロビー:ベンチ悪し。おすすめしない。
第2ターミナル1階:金属製のベンチあり。人気が無いため不安。

当記事は、空港での夜明かしを推奨するものではありません。盗難などの危険もあるため可能ならばホテルを利用してください。全て自己責任のもと、ご旅行の計画を立ててください。