スポンサーリンク

伊東豊雄の傑作「臺中國家歌劇院」が未完成ながらすでに観光地化していた件

このウネウネとした曲線、なんじゃこりゃ!

この世のものとは思えない?重力を無視した?建築不可能?

様々に形容されるであろうこの建物は、伊東豊雄の設計による「台中国家歌劇院」です。何が何でもこの目で見てみたかったので、土砂降りの中訪問してみました。

▲台中国家歌劇院は、台鐵台中駅からBRT(トラム型バス)に乗ること15分、新光三越デパートの向かい側にあります。

▲その曲線的なフォルムはあまりに異様。他に類を見ない存在感を放っています。

▲建物の周囲には浅い池が設けられているのですが、それが建物内部の池とつながるように作られていて、斬新!

正式なオープンはまだですが7、すでに観光地になっていて、団体で写真を撮っているグループもいました。写真奥の人たちがそうです。ま、私のように土砂降りの中、わざわざ建築物見学をする物好きもいますし……。こんな建物は他にはないんだもの、そりゃ、記念撮影したくなりますよね。

▲外装は出来上がっているものの、内装はまだまだ工事中。ガラス越しに資材が見えます。

▲裏側に回ると、上半身裸のオッチャンが工事をしていました。内部も曲線ばかり。さぞかし難工事なんだろうな~。オッチャン、お疲れ様です。

正式にオープンしたら、また訪れてみたいですね。中の劇場でオペラを聞いてみたいです。その時は絶対晴れていて欲しい……

臺中國家歌劇院 »