スポンサーリンク

セブのブルーウォーター・マリバゴ・ビーチリゾートはパラダイス!コストパフォーマンスが良いし、また泊まりたい!

パラダイスかと錯覚するほどきれいなビーチ!!!

ここは、セブのリゾートホテルの一つ「マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート」のプライベートビーチです。セブには多くの高価格帯から低価格帯まで様々なリゾートホテルがありますが、その中でも中価格帯のリゾートとして特に人気のあるマリバゴ・ブルーウォーターに泊まってみました。充実した滞在となりましたので、是非皆さんにもおすすめしたいと思います。

スポンサーリンク

▲「マリバゴ・ブルーウォーター・ビーチリゾート」のロゴは7匹のイルカで、セブを代表する中価格帯のリゾートホテルです。マクタン・セブ国際空港からは、タクシーで20分ほど(料金は200ペソ程度)。リゾートホテルが集中するマリバゴ地区の中でも屈指の広さを誇ります。

▲チェックインを済ませると、敷地内のヴィラまでカートで送ってくれます。

▲客室内は、トロピカルな雰囲気を醸しつつも落ち着いた配色になっていて、リラックスできますね。

▲ライティングデスク、テレビ、そしてテレビの下には冷蔵庫があります。テレビは日本語放送が移りました。

▲バスルームも広々しています。ただ、セブのホテルではよくあることですが、シャワーの水圧がイマイチだったのが残念。

▲アメニティもひと通り揃えられていました。若干水に塩気があり、引用に適してはいません。サービスで提供されるミネラルウォーターを飲みましょう。

▲部屋の前はテラスになっています。開放的でのんびりできますね。

▲さて、リゾート内を探検してみましょう。まずは、マリバゴ・ブルーウォーターご自慢のビーチから。セブ・マクタン島の海岸は岩石質で、ほとんどのビーチは人工的に作られました。マリバゴ・ブルーウォーターのそれも人工のものですが、そんなことを感じさせないトロピカルな雰囲気に満ちていました。

▲ビーチには巨大なチェス盤もありました。これで実際にチェスをしている人はいませんでしたが(笑)。

▲プールは3つ設けられています。こちらがメインのプールで、一部が区切られて、子供用に水深が浅くなっています。沢山の人が思い思いの時間を過ごしていました。

▲ガーデンウィングプール。プールの周りをヴィラが取り囲んでおり、さくっと泳ぐことができます。

▲アムマ・スパ・プール。こちらのプールには、スパやフィットネスジムなどがあります。

▲フィットネスジムの設備はまあまあですね。まあ、リゾートに来てハードなトレーニングをする人もあまりいないと思いますが。

▲夜は、ビーチ横のバーで波の音を聞きながら一杯。静かで穏やかな時間が流れます。

▲朝食は、メインプールわきのレストラン「アレグロ」でビュッフェスタイルで頂きます。

▲品揃えが豊富で、朝から食べ過ぎてしまいます。

▲ミートローフやハッシュドポテトといったものから、

▲様々なチーズやハム、豊富な野菜…

▲中華!麺をスタッフが茹でてくれて、トッピングはお好みで!

▲各種、トロピカルなジュースや、様々な種類のパンも用意されています。特に私は、ココナッツのジャムが気に入りました。あまりにも美味しいので、同じものを購入できないか聞いてみたら、なんとこのジャムは当ホテル自家製なのだとか。量に限りがあり販売はしていないとのことでした。残念。本当に美味しいジャムなので、マリバゴ・ブルーウォーターに泊まった際は試してくださいね。

▲そして、デザートも豊富です。ケーキもありますが、やはりフルーツが充実していますね。完熟のパイナップルやバナナ、マンゴーなどがとても美味でした。

▲プールサイドでのんびりゆったり、時間をかけて朝食を頂きました。贅沢な朝ですねぇ~

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾートは1泊がおよそ2万円程度からです。セブには同価格帯の中級リゾートが他にもありますが、それらの中でもマリバゴ・ブルーウォーターは特に充実している方だと思います。施設やサービスを考慮するとかなりコストパフォーマンスがいいのではないでしょうか。

ブルーウォーター マリバゴ ビーチ リゾート

スポンサーリンク

シェアする

フォローする