スポンサードリンク

2015年5月9日

JALの整備工場見学に行ってきた!飛行機を間近に見られて感動!

羽田にあるJALの整備工場の見学会に行ってきました!ここは飛行機ファンにとってはまさに垂涎の的。普段乗っている飛行機をいつもとは別の視点から見ることができ、大興奮でした。今回はその時の様子をレポートします。


今回はJALマイルを利用して工場見学を予約しました。この他に無料の見学会も行われています。(後述)

▲JALマイル利用の工場見学では、記念品としてJALの特製キーホルダーを頂きました。こちらがそのキーホルダーで、国際線ファーストクラス"JAL SUITE"のシートに使われてるの同じ革で作られています。ちなみに、2015年5月からは、特製のチタン製キーホルダーになります。

▲見学会は最初の30分がパワーポイントを用いた座学になっていて、飛行機が飛ぶ仕組みやら、JALの各社員の仕事内容やら、非常に興味深いお話を聞くことができました。

▲その後に休憩を兼ねた自由時間が30分ほどあります。JALにまつわる様々なものを展示したSKY MUSEUMを見学します。

 ▲各種モデルプレーンに、

 ▲歴代のCAさんの制服に、

 ▲各種シートのモックアップに、

▲実際に使われていたコックピット、

▲さらには、機長やCAの制服を着ての記念撮影もありました。

▲私も機長に扮して記念写真を1枚。気分が上がります(笑)。

▲SKY MUSEUMにはグッズショップも併設されており、皆さん大人買いしていらっしゃいました。

▲JALのロゴが入った各種文房具や、

▲JALのトラベルウォレット、エコバッグ、他にも様々なグッズが販売されていました。

▲さて、見学会後半は、実際に整備工場に入ってナマの機体を間近に見学することができます。巨大な格納庫の中に、3機入っていました。

▲B777-300。この迫力!

▲こんなアングルから旅客機を見られる機会なんて無いですから、ツアー参加者は皆写真を撮りまくっていました。

▲エンジンの整備もしていたので、内部の複雑な様子もよくわかります。


JALの整備工場見学ツアーには、無料のものと、JMBメンバー専用のものがあります。両者ともにサイトからの事前予約が必要で、さらに後者は参加者一人につき2,000マイル(ナイトサファリは3,000マイル)が必要です。

私はJMBメンバー専用の昼の部に参加しましたが、同じ時間帯に無料のツアーも行われていました。おそらく、見学内容はほとんど変わらないと思われます。一点だけ異なるのは、JMBメンバー専用ツアーの参加者には、記念品のJAL特製キーホルダーが配られるということでしょうか。

とにかく、整備工場の見学は日常生活では絶対に体験できるたぐいのものではないので、一度ぜひ行ってみてください。きっと、思い出に残る素晴らしい経験になると思います。

スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿