スポンサードリンク

2015年5月31日

台湾桃園国際空港からシャトルバスで高鐵(台湾高速鉄道)桃園駅へ!

台湾の移動には、南北を2時間強で結ぶ台湾高速鉄道(台湾新幹線)が大変便利です。今回は桃園国際空港の第1ターミナルに到着後すぐにシャトルバスで高鐵桃園駅に向かいました。ストレスフリーな方法についてメモしておきますのでご参考まで。
▲バスのりばは第1ターミナル1階にあります(もちろん第2ターミナルにもあります)。桃園国際空港からは様々なバスが出ていますね。各バスのルートごとに、バス停などを記した案内が掲載されていました。初めてだと、どれに乗ればいいのか迷ってしまいますよね。

▲高速鉄道の桃園駅に行くのは、この705番のバスに乗ります。ターミナルを出ると、空港ホテルに一度寄るのみで、あとは高鐵桃園駅までノンストップなので、どこで降りればいいのか迷うことはないはずです。

▲チケットを購入したいのですが……、どのカウンターで買えばいいのかしらん。バス会社のカウンターが多すぎて途方に暮れてしまいます。

▲高鐵桃園駅までのチケットは、2番カウンター(第1ターミナルの場合)で購入しましょう。「統聯汽車客運」というバス会社が運行しています。チケットは片道30TWD、およそ120円です。安い!

▲お目当てのバスは、チケットカウンターの正面に停車していました。目に鮮やかな緑色が目印です。購入したチケットを運転手さんに見せて乗車しましょう。

▲このシャトルバス、日本のものに比べるとかなり全長が長くその割に座席数は少なめです。5~15分の間隔で運行されているので、とても重宝しますね。

▲十数分の乗車で、あっという間に高鐵桃園駅に到着してしまいました。本当にあっという間です。ここから台湾新幹線で台北や南部に簡単にアクセスできます。本当に台湾高速鉄道サマサマです。

スポンサードリンク

0 件のコメント:

コメントを投稿