スポンサーリンク

(´・ω・`)ピーチのフライトで残念だったこと

先日、久しぶりにピーチの関空→成田便に搭乗しました。ピーチは、就航当初から何回か利用させて頂いており、その雰囲気と親しみやすさでお気に入りのLCCなのでずが、久しぶりのフライトで残念なことが起きてしまい……

搭乗ゲート前出発ロビーが大混雑

関空→成田便搭乗前のロビーの様子です。尋常じゃないくらいの混み具合。座るスペースなどは全くなく、たたったままで待っている人が大勢いました。足腰の弱い年配の方にとっては、かなり難儀する状況だと思います。

というのも、成田便の出発時刻の前後には、仙台便、鹿児島便、松山便、福岡便の4便が重なっているんですね。これらの便に乗る人達が関空第2ターミナル国内線のあの狭い出発ロビーに集中するのですから、そりゃ混みあうわけです。

今後、ピーチの国内線はさらなる路線増加が見込まれますので、なにか手を打つべきでしょう。現施設だけでは、もはや利用者の最低限の快適性を確保できないレベルになりつつあります。

そこで、出発ロビーのわきの屋外庭園を潰して、出発ロビーを増床してはいかがでしょうか。この庭園、明らかに無駄だと思うのです。砂利が敷き詰められ、草木が植えられていますが、こんな中途半端な庭園を見て安らぎを覚える人なんて、それほどいないでしょう。それならば、庭園のスペースをロビーにしたほうが、はるかに利用者の快適性が高まると思うのですが。

ピーチアイスミルクカチカチ問題

搭乗した成田便は、ぼぼ満席でした。ピーチ、盛況ですね。離陸後しばらくして機内サービスが始まりました。

関空→成田便は1時間程度のフライトなので、提供されるフードに制限があります。そこで今回は、すぐに食べられる「ピーチアイスミルク」をオーダーしました。写真で見るかぎり、とても美味しそうなのですが……

現物はこれ。市販のカップアイスと大差ありません。いや、ここまでは許せるんですよ、ここまでは。しかし、いざ食べてみようとすると……

硬すぎ!二三回突いただけで、プラスチックスプーンが折れてしまいました。代わりをもらおうとCAさんを呼ぼうとしたところ、運悪くちょうどそのタイミングで着陸態勢に入り、ベルト着用サインが。着陸して駐機場に着くまでの20分間、カチカチのアイスと折れたスプーンを抱えたまま、食べることもできずにじっとしていなければなりませんでした。これ、かなりフラストレーションがたまります(笑)。アイスは徐々に溶けていくし。

降機する際に代わりのスプーンをもらいましたが、もうその頃にはアイスが溶けてしまい、手がベトベトになっていました。
(´・ω・`)ショボーン

「ピーチアイスミルク」をオーダーするつもりならば、金属製のマイスプーンを用意していったほうがいいかもしれません(笑)。私はもう二度とオーダーすることはないと思いますが。「ピーチアイスミルク」は、改善すべき点が多々あるように思いますよ、ピーチさん!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする