スポンサードリンク

2015年4月17日

食い倒れ最高!安芸の宮島厳島神社の表参道商店街で食べ歩きした食べ物一覧

フェリーで宮島に到着すると、厳島神社までの表参道には様々なお店が店を構えていて、たいへん賑わっています。本来なら厳島神社に先に参拝するべきなのかもしれませんが、食欲には勝てず、食べ歩きをしてしまいました。宮島の定番・名物から、ちょっと変わったものまで、いろいろ食べ尽くしてみましょう!



牡蠣、牡蠣、牡蠣!(沖野水産)

宮島の名物といえば、なんといっても牡蠣!表参道商店街のいたるところで牡蠣が売られています。もちろんその場で頂くことも出来ます。

今回は、焼き牡蠣をいただきました。じっくりと焼かれた香ばしい牡蠣の香りが、辺り一面に広がります。

1つ200円。レモン果汁をかけて、焼きたて熱々の牡蠣を頬張ります。口いっぱいに広がる牡蠣のくりーみーな甘さと、鼻に抜ける磯の香り!これは美味い!牡蠣ってこんなに美味しい物だったの!?

紅葉堂の揚げもみじ

続いては、もみじ饅頭で有名な紅葉堂の「揚げもみじ」をいただきました。店頭で実際に油であげていて、揚げたてをその場で頂けます。あんこ、チーズ、クリームの3種類があり、今回はオーソドックスなあんこをいただきました。1個180円也。

カリカリに揚がった外側の皮と、中の熱々のあんこが織りなすハーモニーは格別です。ハフハフいいながら頂きました。

和奏のぺったらぽったら

ぺったらぽったらって何?そう、これが宮島の新名物なんです。ぺったらぽったら本舗は、表参道商店街の通りからは一本海側の静かな場所にあります。

ぺったらぽったらとは、もち米のおにぎりと牡蠣を一緒に焼いたものを、特製タレで頂くというもので、最近かなり知名度を上げてきているようです。熱々の牡蠣と、焼きおにぎりの相性がよく、大変美味でした。

花菱の鹿ちゃんソフト

こちらは、表参道商店街の入り口に店を構える花菱さん。そこでは鹿ちゃんソフトなるものが売られています。普通のソフトクリームの上に、鹿の●●に見立てた麦チョコが飾られています。面白い(笑)。

錦本舗の宮島蒸し饅(穴子まん)

牡蠣に並ぶもう一つの宮島名物といえば、穴子です!表参道商店街の中程に店を構える錦本舗さんの蒸し饅を頂きます。

牛まんと穴子まんの2種類が用意されていますが、今回は名物の穴子まんを頂きました。結構ボリュームがあり、手に持つとずしりと重みを感じます。

中には穴子で作られたあんが入っていて、アツアツでした。ハフハフむしゃむしゃ頂きました。うーん、ビールも欲しい!

宮島名物あなごめし(いな忠)

宮島で必ず食べておきたいのが、あなごめし。表参道商店街にはあなごめしを提供する飲食店が多数軒を連ねています。今回はいな忠さんで頂きました。

お昼を若干過ぎた時間帯でしたが、店内はほぼ満席。名前を書いて、席があくまでまたなければならない状態でした。更に驚いたことに、店内のお客さんの半数が外国人観光客。名物だからとはいえ、それほどまでに浸透しているんでしょうかねぇ。すごい。

もちろん今回は一番人気の定番のあなごめしをオーダーし、5分ほどで提供されました。一人前1,800円也。特製タレの香ばしい香りがたまりません。参照がぴりりと聞いていて美味い!穴子は、うなぎよりもあっさりしていてしつこくないので、結構ぺろりといけてしまいます。

きれいに完食いたしました。うまかった~!!また食べたくなっちゃった。宮島を訪れた際は、あなごめしはマストですよ!

スポンサードリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿