スポンサーリンク

LCCでハワイに!セブ・パシフィックだと約15,400円でホノルルに行けるかも!?是非実現して欲しい!

なんと、フィリピンのLCC、セブ・パシフィック航空が、本年末までにマニラ⇔ホノルルに就航する見込みであるとの一報が入ってきました!

これは、航空シンクタンクのCAPAが先日伝えたもので、これによると、昨年4月にアメリカ連邦航空局によるフィリピンの航空会社の安全基準カテゴリーが1に引き上げられ、かつ今年4月には国際民間航空機構(ICAT)のEDTO120(片方のエンジンが停止した場合120分以内に最寄りの空港に着陸できる基準)の認証を取得したことで、マニラ⇔ホノルルの就航の条件が整ったためであるとのことです。セブ・パシフィック側はハワイ就航に前向きで、今年末までに就航する見通しだということで、ぜひとも早期に就航を実現していただきたいものです。

ハワイにLCCで行く時代がやってきたのですね。なんとも感慨深いです。

で、利用者として気になるのは、やはりそのお値段ですよね……

セブ・パシフィックのメリットは燃油サーチャージを徴収しない点でしょう。1ペソセール(ごくまれ)や1,000円セール(頻繁)を行っています。仮に、1ペソのセールチケットをゲットできた場合、支払総額は「1ペソ+諸税+ウェブ手数料」になります。

よってマニラ→ホノルルは、1ペソ+諸税47.60USD+手数料120ペソとなり、およそ6,040円に!ホノルル→マニラは、1ペソ+諸税27.80USD+手数料120ペソで、およそ3,660円に!つまり、うまく行けばマニラ⇔ホノルル往復が、約9,700円となります!

日本⇔マニラは、1,000円セールを使えば、往復で5,700円程度でゲットできてしまうので、日本⇔マニラ⇔ホノルルの往復だと、トータルで約15,400円で行けてしまうことになります!

安い!!!取らぬ狸の皮算用ではありますが、セブ・パシフィックならやりかねません(笑)。ぜひともぜひとも実現していただきたいところです。

ちなみに、エアアジアXも関空⇔ホノルル線の開設を目指しているとの情報があります。こちらも実現するかどうかは未定ですが、きっとお手頃な運賃を提示してくれるものと期待しています。

ただ、レガシーキャリアでも日本⇔ホノルルは時期によってはそこそこお手頃なのがあるんですよね。例えばチャイナエアラインの公式サイトでは、成田⇔ホノルルの直行便の往復チケットを5万円前半で購入することが可能です。

こういった運賃やサービス内容を考慮すると、LCCでの往復が4万円を超えると、私ならチャイナエアラインを使ってしまうと思います。ですので、LCCには通常運賃でも往復4万円以下を提示してくれればいいなと期待しております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする