スポンサーリンク

伝統のクメール料理が美味しいレストラン「タプローム・クメール・フード」

アンコール遺跡群巡りをしていて困るのが、お昼の食事です。遺跡の前には、いくらか露店が出ているのですが、ゆっくりと食事できる雰囲気ではありません。そこで、トゥクトゥクのドライバーさんに連れられていったのが、タ・プローム寺院の近くにあるクメール伝統料理のレストラン「タプローム・クメール・フード」でした。

タプローム・クメール・フードは外国人観光客向けのお店で、お昼時はたいてい観光客で賑わっているようです。この日も、レストランの前庭は、アンコール寺院群を巡るトゥクトゥクが何台も停車していました。

チャーターをしたトゥクトゥクのドライバーを誘い、お店の中に入りました。一日付き合ってくれているんだから、ドライバーさんの食事代は奢るのがマナーってもんですよね。ドライバーさんもそれを期待しているみたいですし。

 お店の中は風通しがよく、なかなか快適です。

こういった半野外のテラス席もあります。今回はこちらで頂きました。

ドライバーさんは”Fried Mushroom with Seafood”(シーフードときのこの炒めもの)をオーダー。一口分けて頂きました。独特の甘みのある味付けでなかなか美味しかったです。

私は何をオーダーしていいのか分からなかったので、ドライバーさんの勧めに従って”
Chicken Amok in Coconut”(ココナッツのチキンアモック)を頂きました。ココナッツの殻が器になっていて、見た目も豪華ですね。

アモックとは、ココナッツミルクを使ったカンボジア風のカレーのことで、タイカレーに比べると全く辛くなく、とてもクリーミーな味わいでした。とても美味しくて、パクパク一心不乱に食べてしまいました。

チキンアモックが7USD、炒めものが6USD、ミネラルウォーターが2本で3USD、トータルで16USDでした。シェムリアップの現地向けの飲食店の相場からすると2~3倍ほどのお値段ですが、観光客向けということで仕方ありませんね。およそ1,900円なので、まあ日本人にとっては納得できる範囲でしょう。