スポンサーリンク

バンコク・ドンムアン空港ってどんなところ?空港内施設をご案内

バンコクの空港といえば、真っ先に思い浮かぶのがスワンナプーム国際空港ですが、タイエアアジアXが成田、関空⇔バンコク・ドンムアン線に就航して以来、ドンムアン空港も我々にとってぐっと身近になりました。さらには、LCCのノックスクートが成田⇔ドンムアンに就航するという話もあり、ドンムアン空港は東南アジアの玄関口としてますます利用する機会が増えそうです。

こちらがドンムアン空港のチェックインカウンターです。最新の他の空港に比べると、やや薄暗く手狭な印象を受けます。

というのも、ドンムアン空港はかなり古いんですね。2006年にスワンナプーム国際空港が開港する以前は、ドンムアン空港がバンコクの玄関口としての役割を果たしていました。スワンナプーム国際空港に全機能を移転し廃港になることが決まっていたのですが、紆余曲折を経て、現在ではタイ・エアアジアやノックエアーのハブ空港として使われています。

就航都市は東南アジアの主要都市並びにビーチリゾートなど。おもにLCCが就航していますので、肩肘をはらずに気軽に出かけるようなカジュアルな雰囲気が特徴的です。

チェックインカウンターの奥には、こういったおあつらえ向きな記念撮影スポットもあります。皆さん、ここで記念撮影をしていきます。

搭乗エリア内でのショッピングは、さほど期待しないほうが賢明です。化粧品やチョコレートなどの定番免税品を売るのは、この1店舗のみです。

タイのグッズを売る土産物店もあります。

飲食施設はそこそこ揃っています。スターバックスコーヒーや、

マクドナルドやサブウェイなどもありました。

こちらは日本食の「フジ・レストラン」。お寿司や、しょうが焼き定食のようなものが置いてありました。ただ、お値段は高めです。

お腹が空いたので、ブラッキキャニオンコーヒーに立ち寄ってみました。

ヌードルやチキンライスなど、東南アジアっぽいメニューが揃っています。今回は、左上のおかゆを注文してみました。

こちらがそれ。中に肉団子が3つほど入っていました。テーブルにおいてあった馴染みのない調味料をかけて頂きました。

それでも食べ足りなかったので、デイリー・クイーンというお店へ。タイの屋台をそのまま空港内に持ってきたような雰囲気です。

頂いたのは、ビーフヌードル。味がよく染みていて美味でした。これはやみつきになるお味。見つけたら是非トライしてみてください。

さて、搭乗開始までずいぶん時間が余ってしまいました。搭乗エリア内には時間を潰せるようなスポットがあまりないので、退屈です。多くの方が、壁のコンセントから勝手にコードを引っ張り、スマホなどを充電していました。

ちなみに、ドンムアン空港は敷地内にゴルフコースがある変わった空港としても有名です。2本の滑走路に挟まれて、細長く作ってあります。飛んでいったゴルフボールが飛行機に当たったりしないのか新倍になります。

スワンナプーム⇔ドンムアンの移動は無料シャトルバスで »
ドンムアン空港からシェムリアップ エアアジア搭乗記 »