スポンサーリンク

大韓航空の新ビジネスクラスシート「プレステージスイート」が、JALの「スカイスイート」にそっくり

ナッツリターンで話題を提供してくれている大韓航空ですが、今月初旬に新しいビジネスクラスシート「プレステージスイート」がお披露目されました。

あれっ?このシート、既視感があるぞ……

そう、JALのビジネスクラス「スカイスイート」に瓜二つではありませんか!

JALのスカイスイートはかなり評判がよく、2013年のスカイトラックスの「ベスト・ビジネスクラス・エアラインシート」にも輝いています。大韓航空のプレステージスイートは、JALのデザインコンセプトをそっくりそのまま焼き直した感じ。若干、安っぽくなってしまいました(汗)。

などと思いつつ大韓航空のサイトを漁っていると、「ファーストクラスシート」のページにもこんなものが↓

エッ?これ、ビジネスクラスのプレステージスイートと殆ど変わらないじゃないですか!何が違うの?

サイトでは「23インチのLECモニターでは、幅広いセレクトのエンターテインメントプログラムをお楽しみいただけます(原文ママ)」と謳っていますが、JALのビジネスクラスのモニターも23インチですし……。これでファーストクラスとか言っちゃって大丈夫なの?

これらのシートが、どの機材に搭載されるのかはまだわかりませんが(追記:A330-300に搭載され、当面はシンガポール、ハノイ、広州線に投入されるとのことです)、とりあえずネタとしては面白そうです。以前、大韓航空のA380のビジネスクラスを利用したことがあるのですが、とても快適なフライトでした。新シートも、同様の快適さを提供してくれるのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする