スポンサードリンク

2014年7月18日

マレーシア航空機MH17撃墜か?!

非常にショッキングなニュースが舞い込んできました。各報道でも伝えられている通り、マレーシア航空のMH17便(アムステルダム→クアラルンプール)がウクライナ東部ドネツク州上空を飛行中、地対空ミサイルの攻撃を受け、撃墜されたとのことです。乗客280名、乗員15名は全員死亡したものと観られています。


各フライトトラックサイトによると、アゾフ海の北側の都市ドネツク付近で消息を絶ったようです。ソース

ツイッター上では、様々な画像がアップされています。


こちらは現地の様子を伝えるニュースです。


これに関して、ウクライナ政府もウクライナの親ロシア派も今のところ関与を否定しているようです。いずれにせよ300名近い方々の命が一瞬にして奪われ、航空利用客にも多大な不運を与え航空業界にも大打撃となり、ウクライナという国の評判も失墜し、この事件でプラスになることは何一つありません。なぜこのような攻撃を行ったのか、理解に苦しみますし、憤りを覚えずにはいられません。

これを受け、各フライトはウクライナ上空を回避するルートを選択しています。ポッカリと穴が開いたように、ウクライナ上空だけ飛行機が飛んでいません。

さて、今回の事件はマレーシア航空にとっては致命的になりかねないほど重大なものと考えます。マレーシア航空といえば、3月8日にタイランド湾上空で消息を絶った370便が思い出されますが、今回の事件はそれに続く全損事故となり、マレーシア航空にとっては財務的な面からもイメージ的な面でも大打撃になることは間違いありません。

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿