スポンサードリンク

2014年7月10日

のんびり、ゆったり、ファアモツ国際空港(トンガ・ヌクアロファ)

トンガの首都ヌクアロファから車で30分ほどのところにあるファアモツ国際空港をご紹介します。この空港はトンガの首都空港ではありますが、一日に数便しかなく、日本の地方空港並みの規模で、南国ののんびりした雰囲気に包まれています。


1階のエントランス外には小さな売店と飲食店があります。皆のんびりしていて、他の空港でよく見られるあくせくした感じは全くありません。

2階の展望デッキに上ってみました。現地の子供達がエプロンを熱心に眺めています。

しかし、エプロンには1機も飛行機の姿はなし。

それにしてもこの空港のエプロンは非常にきれいですね。芝が整えられ、ヤシの木が植えられています。

さて、チェックインしてみましょう。ターミナル内に入ります。

チェックインカウンターは1箇所のみ。チェックイン待ちの列ができています。皆同じ便に乗る人たちですね。

待合室は、金属製のベンチがずらっと並んでいました。残念ながら、ファアモツ国際空港には気の利いたラウンジはありません。全員がこの待合室で搭乗を待ちます。

待合室には、気休め程度の免税店と……

そしてこちらも気休め程度のファーストフード店があるだけです。

搭乗予定のオークランドからのNZ便が、およそ1時間遅れでようやく到着しました。

タラップを使って搭乗します。ターミナルからエプロンまで徒歩でてくてく歩いていきます。このアナログな感じがいいですね。

おまけ。NZ便で出た機内食です。牛肉の煮込みとチョコブラウニーなどがサーブされました。なかなかに美味でしたよ。

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿