スポンサーリンク

ジェットスターの有料会員プログラム「Club Jetstar」ってどうよ?

6月9日、ジェットスター・ジャパンが、有料会員プログラム「Club Jetstar(クラブ・ジェットスター)」を正式に発表しました。果たしてこの会員プログラムは、入会する価値が有るのか無いのか、結構悩みどころの微妙なライン。ポイントをざっと纏めてみました。

まずはコスト負担から。、Club Jetstar」は入会費が3,290円、そして年会費が3,390円(入会12ヶ月後から請求)がかかります。この費用に値するメリットがあるのかどうか、これが思案のしどころですね。

一方、会員特典は以下のとおり。

  1. 500円セールを含む年4回の会員限定セール
  2. Agodaのホテル特別割引
  3. WiFiレンタルサービスの割引

まず1.についてですが、これがこの会員プログラムの最大の目玉でしょう。年4回開催される会員限定のセール(そのうち1回は国内線)において、会員価格(500円~)でチケットを購入できるようになります。1回の予約につき8名分の予約が可能(そのうち1人は会員でなければならない)なので、全員分を会員価格で購入できれば、かなりのメリットがありますね。

しかし、まずそんなことはないでしょう。会員価格の「販売座席数には限りがあり」、「諸条件が適用され」ると公式サイトでも明言されていますので、結局は会員価格チケットは一部の会員しかゲットできなくなるであろうことは容易に予想されます。

続いて、2.について。Agodaのホテルが割引されるとのことです。あくまでも個人的な印象ですが、Agodaの通常価格は他社予約サイトと比較して割高に設定されているように思われます。Agodaが割引されても、他社予約サイトで同様の宿泊料で予約できてしまいますので、あまりメリットはないのでは?

最後に3.ですが、Global WiFiのレンタル料金が10%の割引になり、さらにはオーストラリア、シンガポール、フィリピン、台湾、タイでは1日の通信料金が50円引き、受取手数料500円が無料になります。しかし、SIMフリー端末が普及しつつある現状ににおいては、現地SIMを使ったほうがはるかに安くなりますので、これも一部の人にしかメリットはないように思われます。

以上のように、いずれの会員特典も微妙。これらのために、入会費3,290円(年会費3,390円)を費やすのは賢い選択なのかどうか、思案のしどころです。ただ、8月8日までに申しこめば、2,000円分のバウチャーがついてくるので、実質的には入会費が1,290円にはなるのですが。

そこで、ネットでの反応を調べてみました。とりあえず、反応の熱さで上から順に並べてみました。様々な意見があって面白いですね。

入会金なんて余裕でペイできます。(中略)追加で2000円分くらいのバウチャーなら1回くらいくれるんじゃないかな・・・って実は思ってますw
ちなみに自分は・・・・・・即入会ですw 
Help Point

メインとなる『会員限定セール』はセール内容がどのような内容になるのか不明なので、年会費を支払うだけの価値があるのかは不明なのが悩ましいところ。
とは言え『気になったらとりあえず入会してみる』ということで入会してみた次第
shimajiro@mobiler

この特典の内容がまったく魅力のないものとなっております。
2000円のフライトバウチャーがもれなくもらえるらしいけど利用しなけりゃ意味ないです。(中略)年4回500円セールを実施すると思っていたのが4回のうち1回が500円セールだそうです。しかも取れるかわからない。(中略)年1回は、どんなことがあろうがジェットスターに必ず乗るという方以外は見送りでよいかと考えます。
マイレージブログ[寅蔵のマイル日記]

ぶっちゃけ、有料会員プログラムなのに、メリットこれだけ?
という感は否めません。年会費は安いかもしれないけれど、個人的には「これで加入する人がどれだけいるんだろう?」と思っちゃうくらい。
Tedious Days More×3

私自身は、一番下の反応に近いですね(笑)。特典内容を見て拍子抜けしてしまいました。実質年会費が1,290円になる初年度だけ入会して、様子見をして気に入らなければ、次年度からは退会というのもアリですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする