スポンサードリンク

2014年3月14日

ピークトラムでヴィクトリア・ピークへ。絶景を見るなら午前中が狙い目!

ここを訪れなかったら香港に行ったとはいえないとまで言われる絶対的な人気スポット、それがヴィクトリア・ピークです。ここは香港島の代表的な展望スポットというだけでなく、麓と山頂を結ぶケーブルカー「ピークトラム」も観光の目玉となっています。ピークトラムに乗って、山頂を目指しましょう!


ピークトラムの乗り場は、香港駅から山側に歩いて10分ほどのところにあります。土曜日の11時頃に到着したのですが、ピークトラムへの乗車を待つ人で行列ができていました。

チケットを購入します。おすすめは、ピークトラムの往復とスカイテラス展望台の入場券がセットになった「ピークトラムスカイパス」(大人75HKD)です。それぞれをバラで買うことも出来き、ピークトラム往復が40HKD(大人)、スカイテラスが40HKD(大人)です。セットチケットは現金のみ、バラの場合はオクトパスカードのりようが可能です。

こちらがセットチケットで裏面が磁気カードになっています。デザインがきれいで、記念になりますね。

トラムが入線してきました。急勾配のレールの上をゆっくり滑ってきました。

レトロな感じがいいですね。列に並び始めてからおよそ30分、ようやくピークトラムに乗車できます。

車内はぎゅうぎゅう詰めです。私はかろうじて座ることが出来ましたが、立ち乗りの人も少なからずいます。いよいよ出発!
車窓の景色を楽しみたいならば、山頂に向かって右側の座席が絶対的におすすめです。香港の超高層ビル群を間近に見ることが出来ます。

途中、停留所が数カ所あり、そこからも乗客が乗り込んできます。

勾配が如何に急か、お分かり頂けるでしょうか?45度程度はあるのではないでしょうか。下手なジェットコースターよりも急勾配です。

山頂駅に到着しました。駅からレールを眺めてみましたが、30m先からレールが見えません。そこで、急にがくっと落ちるんですね。

By Shahzeb Ihsan
こちらが山頂にあるピークタワーです。山頂駅の真上にあり、直結しています。屋上には展望台「スカイテラス」があります。

屋上へ上ってみましょう。下のフロアにはレストランや土産物屋、蝋人形館などのテナントが入っています。

展望台から香港の街並みを眺めます。まさに絶景ですね。手前が中環、海峡隔てて奥が九龍半島です。
By Bing
夜になるとライトアップがされ、ますます幻想的に。流石、100万ドルの夜景と言われるだけのことはありますね。

スカイテラスは山頂にあるため、昼も夜も山麓から強烈な風が吹き上げてきます。夏以外はかなり肌寒く感じられますので、長時間景色を楽しみたい方は一枚羽織るものを持っていったほうがいいでしょう。

さて、再びピークトラムに乗って、下まで帰りましょう。列ができていましたが、5分程度で乗ることが出来ました。行きに比べて帰りのほうが空いていますね。

下まで降りてみてびっくり。午後1時頃の様子ですが、上りのピークトラムを待つ人の列がさらに伸びていました。これだと、1~2時間待ちは確実です。ヴィクトリア・ピークに行くのならば、午前中の早い時間帯を狙ったほうがいいですね。



スポンサードリンク




0 件のコメント:

コメントを投稿