スポンサーリンク

チャンギ空港に新しいプライオリティパスラウンジが!dnataラウンジは開放的でシャワーもきれい

シンガポール・チャンギ国際空港に、新たにプライオリティパスに対応したラウンジが加わりました。それがこのdnataラウンジ。第3ターミナルの制限エリア内、出発フロアの中二階部分に位置しています。今回は、この素敵なラウンジをご紹介します。

このラウンジは、ガルーダ・インドネシア航空、カンタス航空、スリランカ航空のの指定ラウンジになっおり、これらのエアラインの上級クラス利用者が対象となっているのですが、プライオリティパスを使えばたとえ他社エアラインであってもエコノミークラスであっても、ラウンジを自由に使うことができるのです!

ラウンジ内はとてもきれいで落ち着いています。天井は吹き抜けになっているので、開放感もあります。

ただ、中二階ではあるものの一般エリアとは壁がない状態になっているので、階下の喧騒が耳につく場合があります。

喧騒が気なる方のために、壁で囲まれたクローズドなエリアも用意されています。しかし、皆中二階部分のエリアを利用し、クローズドなエリアを利用している人は一人もいませんでした。

もちろんビジネスルームも完備。

こちらはダイニングエリア。ビュッフェはホットミールが数種類とスナック類、ドリンクという構成でした。決して豪華ではないけれど、小腹を満たすには十分なラインナップです。

ビュッフェも比較的充実しており、ホットミールも頂けるのが嬉しいですね。

サテ、タイカレー、ペンネを頂きました。サテとタイカレーは美味しかったです。

シャワー室はとてもきれいな状態に保たれていました。

水回りもピカピカ。汚れ一つ見当たりません。

ただ残念なのが、アメニティの貧弱さでしょうか。用意されていたのはタオルセットのみ。サニタリー的なものは洗面台横のハンドソープと、シャワー横の据置型ボディソープだけでした。

シャワーはヘッド固定タイプのレインシャワー。日本では一般的なハンドシャワーは備え付けられていません。慣れないと、なかなか体を洗いにくいですよね。

階下の音や、シャワーやアメニティの貧弱さを除けば、全体的にはかなりレベルの高いと思います。チャンギ空港のプライオリティパス対応ラウンジの中でも、アンバサダートランジットラウンジとともに、まっさきにお薦めできるラウンジです。

チャンギ国際空港 プライオリティパスラウンジまとめ »
チャンギ国際空港 トランジット暇つぶしまとめ »
チャンギ国際空港 庭園まとめ »