スポンサーリンク

オクトパスカード(八達通)は必携!香港に着いたら必ず入手すべし!

本ブログの香港の連載記事で、その便利さについて何度も触れてきたオクトパスカードですが、そもそもオクトパスカードとは何かをご説明する必要がありました。そこで今回は、オクトパスカードについて、購入方法や使用方法をご紹介します。

オクトパスカードは、日本のスイカやパスモなどに相当する香港の交通ICカードです。鉄道やMTR、バス、トラム、フェリーなど、ほぼ全ての公共交通機関の支払いに利用でき、カードリーダーにかざすだけで支払いが済んでしまいます。現金での支払額よりも割引される場合もあるので、香港観光の際は真っ先に入手しましょう。交通機関に乗る度に小銭を用意するという、面倒な手間を省くことが出来ます。

さらに現在では、オクトパスカードの守備範囲がさらに広がり、交通機関だけではなくコンビニエンスストアやスーパー、一部のファーストフード店など様々な場面で利用する機会が増えています。もちろん、残高が減ってきた場合には、現金でチャージをすることが可能です。

では、どこで入手べきか。それはもちろん、空港でです!到着ロビーに出たら、両替をして香港ドルを用意し、まっすぐエアポートエクスプレス乗り場に向かいます。エアポートエクスプレスのサービスセンター(客務中心)で早速オクトパスカードを購入しちゃいましょう。最低チャージ額100HKDとデポジット50HKDを併せた150HKDを差し出し、”Octopus card, please”と言えば、すぐに購入できます。購入にはクレジットカードは不可、現金払いのみOKです。

もちろん市中での購入も可能です。一番簡単なのが、地下鉄MTRのサービスセンター。空港と同様に購入を申し出れば、すっと渡してもらえます。

利用方法はとても簡単です。日本と同じく、鉄道では改札口のカードリーダーにかざすだけ。バスやトラムでは、運転手席の横のカードリーダーにかざすだけです。

例えば、MTRで深水埗駅から中環駅を利用した場合、現金でのチケット購入だと12.00HKDですが、オクトパスカードを利用すると10.70HKDに割引されます。およそ1割引きとなり、香港内の移動ではとってもお得になります。

さて、このオクトパスカード、使い終わったら残高とデポジットを返金してくれます。観光客にはとても嬉しいサービスですよね。購入した時と同じようにサービスセンターに赴き、”Refund, please”と申し出ましょう。快く応じてくれます。

このようなレシートが渡されました。デポジット50HKD、残高39HKD、返金手数料として9HKDが差し引かれ、トータルで80HKD返金されました。80HKDあれば、ちょっとしたお土産が買えますし、コーヒー2~3杯程度に相当します。

オクトパスカードを活用して、香港旅行を楽しんでください!

八達通公式サイト(英語) »