スポンサーリンク

北京でプライオリティパス!ファーストクラスラウンジ by 中国国際航空

北京首都国際空港のAir Chinaのビジネスクラスラウンジをご紹介します。このラウンジは、ANAやユナイテッドなどのスターアライアンス各社のファーストラクラスの利用者のみが入ることが許された、エクスクルーシブなラウンジです。スターアライアンスゴールドメンバーであっても、ANAマイレージクラブのダイヤモンド会員であっても、ファーストクラス利用でなければ入室が認められません。その意味では非常に敷居が高いのです。

しかしこのラウンジは、プライオリティパスと提携しており、プライオリティパス会員ならば如何なるクラスであっても入室できてしまうのです。プライオリティパスの威力、恐るべし(笑)。私も、エコノミー利用なのにプライオリティパスのおかげでちゃっかり入室できてしまいました。

ただいま記事内容に問い合わせを頂いております。正確な情報を確認中です。確認が取れ次第、追ってご報告いたします。

ラウンジは、第3ターミナルE棟の搭乗エリアの中二階部分にあります。チェックインを済ませたら、ターミナル連絡鉄道でE棟まで赴き、保安検査、出国審査を受けましょう。すると目の前に免税店やイベントフロアが広がっていますので、その中央の通路を突き当たりまで直進し、左側のエスカレーターを目指します。

こちらがそのエスカレーターです。ラウンジの案内のサインがあり、よく目立つので迷うことはないでしょう。

ラウンジの様子

ラウンジ内部はかなり広くなっています。ビジネスクラスラウンジよりもエクスクルーシブなだけ人の数も少なく、かなり落ち着いています。

 人気の窓側のソファーも、数名しか利用していません。

なんと、ミニシアターのようなスペースも設けられていました。しかし利用者はゼロ。もったいない!

PCエリアも閑散としています。

さらには、仮眠室まで完備。流石はファーストクラスラウンジですね。ビジネスクラスラウンジにはなかった設備がいたるところに設けられていました。

ビュッフェコーナー

ビュッフェは数カ所に設置されていています。コールドミールのみならず、もちろんホットミールも用意されています。

品揃えは、ビジネスクラスラウンジのものと大差無いようでした。

アルコールが取り揃えられたバーカウンターもあり、フライト前に軽く一杯なんて洒落たこともできます。

メインのビュッフェの近くには、ダイニングエリアもありました。

お粥や中華まん、ピーチパイなどを頂きました。味の方は、正直どれもいまいちかな。

ファーストクラスラウンジは、ビジネスクラスラウンジよりも利用者が少なく落ち着いていて、設備も充実しているので、プライオリティパスでの利用を是非おすすめしてます。通常ならファーストクラス利用者しか利用できないラウンジを、裏技的に使えるようにしてしまうプライオリティパス、これからも使い倒しいてくつもりです(笑)。