スポンサードリンク

2014年3月26日

北京でプライオリティパス!ビジネストラベラーズラウンジ@北京首都国際空港

北京首都国際空港の国際線搭乗エリアには、プライオリティパスに対応したラウンジが4箇所あります。その中の一つ、ビジネストラベラーズラウンジをご紹介します。


ビジネストラベラーズラウンジのエントランスはE10ゲートの真向かいにあります。第3ターミナルのチェックインカウンターで搭乗手続きをした後、国際便が利用するE棟までターミナル連絡鉄道を利用し、保安検査、出国審査を受け、右方向にしばらく歩いたところにあります。この移動が思いの外時間がかかるので(40分程度)、利用の際は十分注意してください。

エントランスはあまり目立たず、わかりにくくなっています。注意して探さないと通り過ぎてしまうでしょう。というのも、ラウンジとして独立してあるわけではなく、トランジットホテルのラウンジ部分をプラウおリティパスラウンジとして提供しているようなのです。

中に入るとすぐにカウンターがありますが、ここには人がいませんでした。「エレベーターで1つ上の階へ行け」という指示があったので、それに従います。エレベーターで1階分上に行き、降りると目の前に受付カウンターがありました。そこで利用手続きを済ませます。

こちらがラウンジの様子です。これ、ラウンジというか、どこかの一般家庭の居間のように見えます。ラウンジらしい雰囲気が全くありません。テーブルクロスも安っぽくて、ウキウキした旅行の気分に冷水を浴びせるかのようです。

一応ビュッフェもあり、中華まんなどのホットミールも用意されているのですが、とても残念な感じで食欲をそそりません。他にはカップラーメンやお菓子、バナナなどが置かれていました。どれも微妙な感じ。

このラウンジは、空港ラウンジとしてのホスピタリティが殆ど感じられませんでした。5分も滞在せずに、逃げるようにすぐに退室しました。受付のお姉さんが2人いたのですが、利用客は私の他にはおらず、なんともアンバランス。このラウンジ、相当人気がないのでしょうね。北京首都国際空港にはこれよりもましなプライオリティパスラウンジが3つありますので、そちらを利用した方がいいでしょうね。

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿