スポンサーリンク

上海でプライオリティパス!2タミ69番ラウンジ(FIRST CLASS LOUNGE NO. 69)@上海浦東国際空港第2ターミナル

上海浦東国際空港第2ターミナルの69番ラウンジを利用しました。このラウンジはプライオリティパスに対応しており、会員は無料で利用可能です。今回はその時の様子をレポートします。

出国審査を抜け、免税店エリアを左方向に進んだところにあるエスカレーターで上の階に上ります。

すると、正面にラウンジの入口が見えてきます。プライオリティパスに対応していますが、それだけでなく各エアラインの提携ラウンジとしても利用されているようです。

内部は開放的な中二階方式。一番外側の席からは、下の出発フロアの様子を見下ろすことも出来ます。

ソファー4脚が一つのブースになるように仕切られています。私が訪れたのは午後6時頃でしたが、この時間帯はかなり混んでいて、どのブースにも一人以上先客がいました。座るところがないので、仕方なく相席させてもらいます。

マッサージチェアも置かれていました。外側を向いているのは、若干抵抗があります。

さて、こちらがビュッフェ。比較的食べ物も充実しており、ピラフや麺などのホットミールもあります。

ピラフ、焼きそば、肉団子、サンドイッチをチョイス。しかーし、実際に食べてみると何れもが激マズ。ピラフは味付けが微妙だし、焼きそばは悪い意味で中華独特の香りがします。肉団子は、何の肉だかわからないグニュッとした食感。サンドイッチはパサパサのパンに、具がわずか。二口目を口に運ぼうという気にはなれませんでした。

仕方がないので、シリアルとスイーツ類をいただきました。スイーツは、日本の基準から言えば不味い部類に入るでしょうが、食べられないこともありません。

さて、こちらがシャワー室。一室の中にシャワーとトイレが備え付けられたタイプです。奥の右側にトイレ、手前左側にシャワー、手前右側が洗面台となっています。

アメニティーグッズです。ボディーソープやシャンプーなどが大ボトルで置かれていました。小分けにされていないと、不潔な印象がありますね。

洗面台にもボトルソープが。市販のボトルそのままなので、周りの雰囲気とマッチしていません。台無しです。

こちらがシャワー本体。一見まともそうですが、近くでよく見てみると……

蛇口がとても汚いのです。ステンレスのいたるところにシミが。

そして排水口です。汚い、汚い。一瞬で血がサーっと引いていく汚さです。ここではシャワーを浴びたくはないですね。

ただ、上海浦東国際空港第2ターミナルの国際線フロアでプライオリティパスが使えるのは、この69番ラウンジか、もしくは先日ご紹介した66番ラウンジの二つのみで、どちらかを選べと言われたら、席の多さ、ブュッフェの充実などの点で69番ラウンジのほうがマシになります。あまり期待せずに利用するようにしましょう。