スポンサーリンク

成田空港の暇つぶしどうする?新勝寺、イオン、酒々井アウトレット、温泉、東成田駅(鉄オタ)…

成田空港での乗り継ぎで時間、何をしますか?3~4時間程度ならラウンジでくつろいだり、空港のショップをぶらぶらしていれば時間を潰せますが、それ以上時間があるなら、いっそのこと空港を出て、周辺のスポットを楽しんでしまいましょう!

ということで、今回は時間つぶしにもなる成田空港周辺の面白スポットをご紹介します。

成田山新勝寺に参拝する

成田の定番観光スポットといえば、成田山新勝寺ですよね。歌舞伎の市川團十郎(初代)が帰依したことでも有名な、真言宗のお寺です。

その表参道は、いまでも古き好き日本の町並みが保存されていて、非常に趣きのあるとおりとなっています。外国人観光客の人気も高く、すれ違う人の約半分は、成田空港から外国人です。

成田うなぎでも有名で、表参道に軒を連ねる食堂や旅館では、捌いたばかりのうなぎを食べることができます。写真のように、鰻をさばく様子を見せてくれるところもあり、なかなかの人気ぶりです。

【アクセス】
成田空港からは、JR成田線または京成本線を利用し、成田駅・京成成田駅下車。駅前から参道が続いており、徒歩15分。
◆JR:成田空港駅または空港第2ビル駅→成田駅(乗車時間8分、料金230円)
◆京成本線:成田空港駅または空港第2ビル駅→京成成田駅(乗車時間10分、料金250円)

イオンモール成田で映画鑑賞&ショッピング

成田には、巨大なイオンモールがあり、店舗数も充実しています。また、隣接する成田HUMAXシネマズでは、最新の映画が迫力の大画面で見られちゃいます。乗継の暇つぶしに映画を見るのもアリですね。成田空港から直行のシャトルバスが出ているので、アクセスも楽です。

【アクセス】
成田空港各ターミナル発のシャトルバス利用で20分、料金大人200円、小児:160円
時刻表や乗り場など詳しくはこちら »

酒々井(しすい)プレミアム・アウトレットでショッピング

酒々井プレミアム・アウトレットも見過ごすことはできません。国内外のブランドのアウトレットがお得に買えちゃいます。シャトルバスの本数が多いので、大変便利ですね。

【アクセス】
成田空港各ターミナル発のシャトルバスで20分、料金往復500円(京成バスのカウンターのみで販売)
時刻表 »   乗り場 »

天然温泉やスーパー銭湯で旅の疲れを癒やす

成田空港周辺には、日帰りの天然温泉「大和の湯」があります。旅の疲れを癒やしたり、時差ボケを解消するにはもってこいの温泉ですね。温泉の他に、食事処はもちろん、スパやフィットネス、プールまで備えられているので、丸一日ここで過ごせそうです。

【アクセス】
成田空港からはJRを利用し、JR成田駅でJR成田線に乗り換え、下総松崎駅で下車。所要時間約25分(JR成田駅での乗り換え時間により変動)、料金324円。下総松崎駅から徒歩15分。
詳細は公式サイトへ »

また、スーパー銭湯「華の湯」も魅力的。大浴場の他にも韓国式アカスリやバリ式エステ、岩盤浴に食事処が揃っています。

【アクセス】
成田空港からは京成本線を利用し、公津の杜駅で下車。所要時間約15分、料金398円。公津の杜駅からは徒歩8分。
詳細は公式サイトへ »

成田空港の裏玄関、京成線東成田駅を使ってみる

最後に鉄道オタク向けスポットをご紹介します。京成線の東成田駅です。この東成田駅は、第1ターミナルと第2ターミナルに挟まれた場所にありながら、成田空港利用者には殆ど知られていなという穴場中の穴場の駅です。

アクセスもとても簡単。第1ターミナルからは、ターミナル間連絡バスに乗り、「東成田駅」で下車してください。

第2ターミナルからは、地下連絡通路を利用します。京成本線の空港第2ビル駅の改札口前に、写真のような入り口があります。かなり目立たないので、見落としがち。怪しい雰囲気ですが、意を決して進んでみましょう。

すると、写真のような無機質な地下通路が現れます。この通路を延々と500m歩きます。

たどり着いたのは、人の気配が全くない地下広場。少し気味が悪いかも。

左手に、東成田駅の改札口があります。有人の改札口で安心しました(笑)。

ホームはシーンとしていて、人の気配がありません。列車が入ってくる時刻になると、ようやく2、3人乗客が現れますが、それ以外は静まり返っています。

東成田駅からは京成成田駅への電車が出ています。こちらを利用して成田山新勝寺に参拝してみると面白いかもしれません。

※外に出る時間がないという方は、ラウンジでゆっくり過ごしましょう。
成田空港プライオリティパスラウンジまとめ »