スポンサーリンク

士林夜市のわくわく感は異常!食道楽のマストスポット

台湾に来たら必ず訪れたいのが夜市です。台北には饒河街夜市や寧夏路夜市、臨江街夜市、師大夜市など大小幾つもの夜市がありますが、今回は最も大規模で、かつ夜市の代名詞的存在の士林夜市をご紹介します。

士林夜市はMRTの淡水線の士林駅から隣の剣潭駅にかけてのエリアで毎日催されています。かなり広いエリアに細い路地が張り巡らされていて、様々なお店が軒を連ねています。その中でも、核となっているのが、公営の士林市場。特に地下1階の美食街は特に有名で、台湾のありとあらゆる食べ物が揃っていると言っても過言ではありません。ここへは士林駅よりも剣潭駅から歩いたほうが近いので、コアな部分だけ観光したいという方は剣潭駅をご利用ください。

早速地下1階へ下りてみましょう。そこはもう食べ物のカオス。非常に賑やかで、活気にあふれています。

様々な串焼きの具材が並びます。イカにつみれに、肉巻きにソーセージ…

こちらは麺料理のお店でしょうか。大ぶりのエビや魚のフライなどが並んでいますね。

こちらにはカニが山積みになっています。

こちらのお店はくだものやさん。マンゴーやスイカ、パイナップルに、パッションフルーツ?ドリアン?

そして出てきました!台湾名物臭豆腐!豆腐を発行させたものらしいのですが、これが本当に臭いんです。鼻が曲がる臭さ。初めてこの匂いを嗅いだ時は、脳天を揺さぶられました(笑)。

こちらは台湾風ソーセージ。左から、黒胡椒風味にオリジナル味にマスタード風味。ううん、美味しそう。一つ注文してみましょう。

もち米を固めたおにぎりのようなものの間にソーセージと野菜を挟んでくれます。結構なボリュームが有り、これだけで一食として事足ります。

鉄板焼きのお店もあり、その場で調理している様子を見ることができるのも楽しみの一つですよね。大変賑わっていました。

鉄板焼きは満席だったので諦め、麺料理のお店に入ってみました。

店の奥には簡易的な食事スペースが設けられています。こちらもかなり混んでいますね。

で、注文したのがこちら。ワンタンメンです。スープは意外とあっさり。テーブルにある豆板醤やオスなどを適宜足して、自分好みの味にしてください。

あの臭い臭豆腐にチャレンジ。意外や意外、臭豆腐を揚げると独特の臭みがほとんどなくなり、とてもだべやすくなります。カリカリに揚がった臭豆腐は、非常に美味でした。

さて、お腹が膨れたら、地上に上がり夜市を見て回りましょうか。人でごった返しているので、スリなどには気をつけて。

細い路地が幾つもあり、一晩で全て見て回るのはまず無理ですね。パチもんなども売られているかもしれませんが、それもまた一興。夜市の雰囲気を存分に楽しみましょう。


大きな地図で見る

スポンサーリンク

シェアする

フォローする