スポンサーリンク

慈湖&大渓老街への行き方・アクセス方法【台北からふらっと小旅行】

台北から慈湖や大渓へ公共交通機関でアクセスする場合、最も手軽なのが、以下のルートです。

【台北駅】→(台鉄)→【桃園駅・桃園客運バスターミナル】→(桃園客運バス)→【大渓バスターミナル】→(桃園客運バス)→【慈湖停留所】

今回は、アクセス方法のポイントをまとめてみましたので、参考にしてください。

まずは、台鉄桃園駅(高速鉄道駅ではなく在来線)まで来ましょう。台北からだと特急電車や各駅停車などがあります。左側に見える地下道を通り、駅の反対側へ向かいます。地下道の入口の上には緑色の看板がかかっていますので(写真では黒く潰れてしまっています)、まず迷うことはありません。

地下道を通ります。明るくきれいな地下道ですが、ホームレスがニ三人ほどいました。

地下道を100メートルほど進むと出口です。右にセブン-イレブンが、奥にファミリーマートが見えます。桃園客運のバスターミナルはさらにその向こうなので、とりあえずファミリーマートを目指して歩きましょう。

ファミリーマート前の交差点を横断します。右手に桃園客運のバスターミナルが見えてきます。手前にはバスが何台も停まっています。

こちらがバスターミナルの様子です。建物の1階部分ではあるものの、吹きさらしのため、夏は暑く冬は寒いのが欠点です。

トイレの前に、両替機がありました。小銭を用意していない方はここで両替を済ませましょう。

大渓行きの5096番路線のバス乗り場も確認できます。目的地ごとに乗り場が区切られてはいるのですが、実際はそんなことはお構いなし。車寄せにバスが停まったら、皆ベンチから立ち上がりぞろぞろとバスに乗り込みます。

大渓行きの5096番路線のバスが入線しました。この路線は20~30分に1本程度の頻度で運行されているので、比較的便利です。今回はこのようなマイクロバスでした。以前同路線のバスを利用したときは普通の大型バスだったので、それに比べるとやや心もとない感じも。

早速乗り込んでみましょう。言葉がわからないので、運転手さんに「大渓」と書いたメモを見せて、49元払いました。気さくな運転手さんで一安心。車内は地元の方でほぼ満席で、スーツケースを抱えた旅行者は私一人のみでした。前の電光掲示板には次の停留所が漢字で表示されます。終点の大渓バスターミナルまで行くので、あまり関係ありませんが。

大渓までは、バスでおよそ50分程度。大きな川を渡ります。向こうに見えるのは大渓橋。バロック風の装飾が施されたちょっと変わった橋で、大渓の名物の一つです。川を渡るといよいよ大渓の街に入っていきます。(大渓老街を見学する場合は、大渓バスターミナルより一つ手前の停留所「新街尾」で降りると便利です。)

これが大渓のバスターミナルです。「OK」というコンビニのマークが目印ですので、すぐわかりますね。バスによっては、ターミナルの数十メートル手前で降車させられることもあるようなので、その場合はここを目指して歩いてください。

ターミナルの様子です。桃園のそれに比べると、こじんまりとしている印象です。

慈湖を通るバス路線は結構多いのですが(上の写真の路線はみな慈湖を通ります)、それぞれ一日に二三本しか出ていないため、トータルでは1時間に1本あるかないかの頻度です。

5090 桃園-上巴陵-林班口
5091 中壢-上巴陵-林班口
5093 大渓-羅浮-巴陵
5094 大渓-三光(沙崙子)-巴陵
5099 大径-阿姆坪(経 懐徳橋)
5104 大渓-復興
5105 大渓-小烏来(経 三民)
5106 大径-霞雲村(経 復興)
5107 大渓-蝙蝠洞(経 三民)
5109 大渓-高遶(経 羅浮)

ざっと、慈湖を経由するバス路線を並べてみました。詳しい時刻、料金等については桃園客運のサイトにアクセスし、中程のプルダウンメニューから当該路線を選択してください。すると、料金表と始発停留所の出発時刻が表示されます。また、右側の「路線図下載」と書かれたオレンジ色のボタンをクリックすると、その路線の全停留所が表示されます。漢字で書かれているので、中国語が出来ずとも大体理解できると思います。

都合のいい時間帯に適当なバスがないのであれば、タクシーという選択肢もあります。大渓バスターミナルから慈湖まではおよそ5.5kmで155元、10分ほどです。

さて、14:25発の霞雲村行きの5106番のバスが入線しました。早速乗り込みましょう。運転手さんに「慈湖」と書いたメモを見せて、ここで降りるとアピールしておけば万全です。26元支払いました。

山道をバスに揺られて登ること20分弱、運転手さんが「ここだよ」と降ろしてくれました。おお!巨大な蒋介石の像が目に飛び込んできます。慈湖に到着しました!

ちゃんと帰りのバスの時刻を確認しておきましょう。反対車線のバス停で確認します。先ほど示した路線の時刻が書いてあるのですが… 記載されている時刻は、始発停留所の出発時刻ではありませんか!この時刻は実際に慈湖を通過する時刻ではないのです。つまり、記載された時刻の数十分後に慈湖を通過するが、それが何分後なのかは地元民以外にはわからないというあり様。全く利用したことのない旅行者にとっては、非常に不親切ですね。気長に待つしかありません。

桃園客運バスの他にも、上のようなバスの看板がありました。バス停ごとの細かい時間が記載されているのですが、どうやらこちらは、大渓地区の住民専用無料バスのようです。おそらく旅行者は乗れないのではないかと思われます。

帰りのバスのおおよその時刻を確認したら、早速慈湖を散策してみましょう!静かで美しい湖や蒋介石の廟、そして蒋介石の銅像が集められた怪しげな公園など、見所がたくさんありますよ。