スポンサードリンク

2013年9月16日

ホテルニューオータニ「エグゼクティブハウス 禅」のデラックスツインに泊まってみた!

ホテルニューオータニの「エグゼクティブハウス 禅」を利用する機会がありました。とても充実した宿泊でしたので、ここでご紹介します。



「エグゼクティブハウス 禅」は、ザ・メイン(本館)内に特別に用意されたフロアで、侘び寂びをテーマとしてデザインされています。そのフロア自体が品のある高級感で包まれており、プレミアムな一晩を過ごすことが出来ます。

「エグゼクティブハウス 禅」のチェックインは、ザ・メインの一般カウンターではなく、禅フロアに特設の専用カウンターで行うことが出来ます。チェックインの時から既に「エグゼクティブハウス 禅」の特別な体験が始まっているのですね。

カウンターのそばにはチェックインラウンジがあり、ここに座っていれば後の手続きはスタッフが行ってくれます。

さて、こちらが実際のお部屋の様子。今回はデラックスツインでした。とても落ち着いた雰囲気で、静かでくつろいだ時間を過ごせそうです。

こちらはベッド側から見た室内の様子です。ライティングテーブルのほかに、ソファセットが1組置かれています。写真左側には柱を覆うように大きな一枚鏡が設置されていて、姿見としては十分。

ただ一点だけ不満だったのはテレビの大きさです。私の利用した部屋には32型の液晶テレビが据えられていましたが、お部屋の広さ・豪華さに比べるとどうしても見劣りしてしまいます。もう少し大きめのテレビだったら、言うことなしでしょう。

水回りです。さすがニューオータニ。すべてがピッカピカに磨かれていました。バスタブの横には大型のガラス窓があり、ブラインドを開けるとベッド側を覗くことができるように作られています。また、バスタブとは独立したシャワースペースも設けられており、グローエ社のレインシャワーが設置されいています。このレインシャワーがとにかく気持ちいいんですよね。家にもあったらいいのに。

ホテルのプールに行ってみました。初秋なので、人はまばらですね(笑)。

ほぼ閑古鳥状態です。少し前までは、多くの人でごったがえしていたのでしょうが…。そのためのびのびとくつろぐことが出来ました。

翌朝の朝食は、ロビー階にある「SATSUKI」で朝食ビュッフェを頂きました。「エグゼクティブハウス 禅」の利用者は、同フロア内のエグゼクティブラウンジにてコンチネンタルブレックファストを頂くことが出来ますが、ガッツリ食べたかったので今回はロビー階のレストランにしました。

しかし、朝食時は激混みです。レストランの前に列ができていて、テーブルに案内されるまで10分程度待ちました。さすが、巨大ホテル。宿泊客数も多いので激混みになってしまうのでしょう。時間を気にされる方や静かに食べたい方は、素直にラウンジで頂いたほうが正解だと思います。

しかし、ビュッフェの品数は多く、どの料理も美味しいので、食いしん坊の私にとってはまるで天国のようでした(笑)。オムレツやフレンチトースト、釜あげうどんなどはシェフがその場で作ってくれるので、熱々を楽しむことが出来ます。こういう作りたてのものは、やはりレストランに来なければ頂けません。ラウンジでの朝食ではカバーできない魅力がありますよね。

「エグゼクティブハウス 禅」での宿泊は、本当に素晴らしい体験でした。スタッフもアテンティブかつスムーズなサービスで、とても好感が持てました。是非皆様もご利用になってみてください。

とは言っても「エグゼクティブハウス 禅」の宿泊料は一般的なラグジュアリーホテルと比べても高額です。いくつかの予約サイトを比較してみましょう。場合によっては、驚くほどお手頃な宿泊プランが見つかることもありますよ。

エクスペディア
Hotels.com
じゃらん
阪急交通社
日本旅行
楽天トラベル

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿