スポンサードリンク

2013年7月28日

キャセイパシフィック航空が新しいファーストクラスシートを発表!何かいい感じ!

by Australian Business Traveller
キャセイパシフィック航空のファーストクラスは、シンガポール航空のそれと肩を並べる世界トップクラスのキャビンとして知られ、航空ファンの間では垂涎の的になっています。そのキャセイパシフィック航空のファーストクラスのキャビンがこのほどリニューアルされました。なかなか格好良く仕上がっていますので、詳しくご紹介してみます。



新ファーストクラスキャビン by Australian Business Traveller
現行ファーストクラスキャビン by Richard Moross
現行のキャビンが木目調をベースとしているのに対し、新キャビンはメタリックでクールな印象です。好みの問題ではありますが、個人的には新しい方も悪くはないと思います。

新ファーストクラスシートby Australian Business Traveller
現行ファーストクラスシート by YourHolidays.co.au
シート自体には大きな変更はなく、基本的には現行のデザインをそのまま引き継いでいます。シートピッチやシートの幅なども、特に変更はみられません。強いていば、シートの素材が本皮になったり、パーソナルクローゼットが広くなったり、ドリンクホルダーが設置されたり、タッチスクリーンの液晶コントローラーが備え付けられたりなど、細かな点での改良はいくつかあるようです。

今回のリニューアルにより、温かい雰囲気はあるものの、どこか野暮ったさが抜けなかった木目調装飾が廃され、よりシンプルでスタイリッシュなキャビンへと生まれ変わりました。こんなキャビンを、スマートかつお洒落に乗りこなしてみたいものですね。私はいつになったら乗れるかわかりませんけれど。(涙)

新シートはB777-300ERから順次導入され、2014の第3四半期には全機のリニューアルが完了するとのことです。ただ、B747-400については退役が予定されているため、新シートは導入される予定はありません。

Cathay Pacific Press Release »

Australian Business Traveller »

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿