スポンサードリンク

2013年3月4日

国父紀念館の衛兵交代

中華民国建国の父、孫文を称える国父紀念館を訪れました。蒋介石の中正紀念堂と対をなす、台北の個人顕彰施設です。



内部には、デデーンと孫文の銅像が鎮座しています。手前の観光客のみなさんは、どうやら大陸からいらした方々。しきりに写真撮影をしていました。

デデーン!この大きさに圧倒されます。鋭い眼光で何を見つめているのでしょうか。


ここの一番の見所は、毎正時に行われる衛兵の交代です。一糸乱れぬ動きで行進し、カシャッ、カシャッという軍靴の音が響き渡ります。

衛兵の交代を見るために、こんなにも大勢の観光客が集まっていました。まさに黒山の人だかり。(その多くが大陸からの団体観光客と思われ、ザワザワザワザワと終始賑やかでした。)

2階にまで人だかりが出来ています。すごい人気ですね(笑)。

これが交代した後の衛兵さん。これから1時間、ずっとこのままの体勢で身動きもせず、孫文の銅像を守ります。衛兵交代が終わると、それまでいた観光客はサーッと何処かにいってしまい、静寂に包まれていきました。

【アクセス】
MRT板南線国父紀念館駅下車 徒歩5分。

公共交通機関での移動に不安のある方は、現地オプショナルツアーの利用をおすすめします。ツアーバスで快適にアクセスできるうえ、日本語のガイドもあり、利用価値大です。

台湾の現地オプショナルツアーを確認する »

スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿