スポンサーリンク

景福宮まで清渓川を散策しよう

明洞から歩いて景福宮を目指します。途中、清渓川沿いの遊歩道を散策し、世宗路を通ります。およそ1時間のぶらぶら街歩き。

ソウルの散策スポットとして、清渓川沿いの遊歩道は人気があります。都会の中のオアシスと言った感じで、喧騒とは無縁の緑豊かで静かな散策路になっています。一昔前までは、この川はドブ川だったのだとか。再開発によって見違えるほど綺麗になりました。この清渓川の遊歩道を西に進みます。

清渓川を辿って歩いて行くと、世宗路につきあたります。幅70mもある大通り。向こう側には景福宮が見えています。

景福宮の最初の門、光化門にたどり着きました。とても大きなもんですね。ちょうど、挑戦服を着た人達のパレードが行われていました。

光化門をくぐり中に進みます。パレードがずっと続いているんですね。結構な人がパレードに参加していてちょっとびっくり。

2番めの門、勤政門です。この門も立派ですね。

勤政門をくぐると、景福宮のメインである勤政殿です。ここまで結構歩きましたね(笑)。

勤政殿のいたるところに、このような石像が配置されています。一体何?ちょっとキモい…。守り神か何かなのでしょうか?

景福宮の一番の写真撮影スポットは、池の中に佇む慶合楼でしょう。池とのコントラストがとてもきれいです。

景福宮 入場料 3,000KRW

【アクセス】
明洞駅から歩く場合:地下鉄4号線 明洞駅下車 徒歩1時間
直接赴く場合:地下鉄3号線 景福宮駅下車

公共交通機関での移動に不安がある方は、現地オプショナルツアーの利用をおすすめします。ツアーバスでの移動となり、日本語のガイドもあるため、利用する価値は大です。

韓国の現地オプショナルツアーを確認する »


大きな地図で見る