スポンサードリンク

2013年2月22日

アシアナ航空ビジネスクラス ソウル→香港 OZ721便搭乗記

アシアナ航空のビジネスクラスに乗って来ました。機内でのサービスの内容をレポートします。
今回搭乗したのはOZ721便。ソウルから香港までのおよそ4時間を、A330-300型機の中で過ごします。



Asiana Business Class Seat - SYD-ICN By Blackwych
シートは、中距離用のライフラットシート。横幅が広く、ゆったりと寛げます。

当然シートピッチも広く、足が前の座席につくことはありません。さすがビジネスクラスですね。ついエコノミーと比較してしまいます(笑)。

ビジネスクラスは7割くらい埋まっていました。思いの外混んでしますね。私の隣はオーストラリアからいらしたご婦人でした。息子の結婚式で韓国に来て、香港で乗り継いでメルボルンへ帰る途中だということでした。

インチョン~メルボルンなら大韓航空が直行便を出しているのに、なぜわざわざ香港を経由して帰るのでしょうか?それとも私同様、わざと遠回りして空の旅を楽しむのが好きなのでしょうか?(笑)
 
機内食のサーブが始まります。まずはオードブルから。ビジネスクラスでも機内食をワンプレートで出すエアラインも多い中、アシアナの機内食はフルコースで提供されます。エビがぷりぷりしていて、美味しかったです。

次に、メインのチキンが出されました。これはイマイチ。

続いてチーズとリンゴの盛り合わせと、ワインを少々。この組み合わせは最高ですね。ほんとうに美味しかったです。

そして、最後に提供されたのがこのカスタードプリン。とても濃厚で、口の中でとろけ、舌にまったりと絡み付いて来ました。あまりの美味しさに、隣に座っていたオーストラリアのご婦人と目を見合わせてしまいました(笑)。アシアナの機内食はかなりレベルが高いですね。



スポンサードリンク



0 件のコメント:

コメントを投稿